富士教育訓練センター

建設産業の優秀な“人づくり”をサポートする全国規模の「広域的職業訓練施設」です。

ご不明な点・ご相談はお気軽にお電話ください!TEL:0544-52-0968

コース詳細

技術修得コース
詳しい資料はこちら(PDF) WEBでのお申し込みはこちら
地質調査技術者の入職時教育
●申込開始日
 受け付けはホームページで、FAX方式は廃止となります。

 会員の構成員  ⇒令和3年1月13日(水)午前9時より
 会員の構成員以外⇒令和3年2月1日(月)午前9時より
 ※申込開始日以前の受付はできません。
概要

ボーリング技術や孔内試験など現場作業の基礎技術を習得し、また調査計画の立案や発注者との渉外、報告書のとりまとめなど、地質調査業務の全般を対象に業務遂行上で重要となるポイントや勘所などを習得する。

対象

@これから現場技術を学ぶ方
A現場管理を行う方
B現場作業、現場管理など業務遂行上のポイントをつかみたい方

日程

第1回 令和3年6月7日(月)〜6月11日(金)

カリキュラム
科目 内容 時間
1地質調査業を取り巻く現状と関連事項 @地質調査業の概況、職業倫理 A技術者の資格制度 B技術者倫理 C環境保全、関係法令 2時限
2地質調査技術者の基礎 @地質調査業の一連の流れ(営業、現場、試験、解析、とりまとめ) A設計・施工へのつながり B課題提出およびレポート作成要領解説 C課題検討 D課題発表・講評、まとめ 13時限
3ボーリングマシンの運転特別教育 【学科】@ボーリングマシンに関する知識 Aボーリングマシンの運転に必要な一般事項に関する知識B関係法令
【実技】Cボーリングマシンの運転 Dボーリングマシン運転のための合図 14時限
4孔内試験計測等の基礎 @孔内傾斜計 A孔内水平載荷試験 B伸縮計 C計測データの整理・解釈について 4時限
5現場管理 @安全・品質・工程管理 A渉外(発注者・協力会社・住民) B室内試験、コア判定、コンクリート ※現場見学(予定) 4時限
6安全衛生 @教育訓練全体の復習、まとめ、等 2時限
合 計 39時限
訓練日数

5日間

人員

30名

受講費用
【会員の場合】
教育訓練負担金 55,000円
宿泊代 16,852円
コロナ対策費 550円
修了資格

【特別教育】
ボーリングマシンの運転

詳しい資料はこちら(PDF) お申し込みはこちら
このページのトップへ