富士教育訓練センター

建設産業の優秀な“人づくり”をサポートする全国規模の「広域的職業訓練施設」です。

ご不明な点・ご相談はお気軽にお電話ください!TEL:0544-52-0968

コース詳細

多能工コース
詳しい資料はこちら(PDF)
建築基礎多能工(1)
●申込開始日
 受け付けはホームページで、FAX方式は廃止となります。

 会員の構成員  ⇒令和3年1月13日(水)午前9時より
 会員の構成員以外⇒令和3年2月1日(月)午前9時より
 ※申込開始日以前の受付はできません。
概要

建築工事に携わる技能者を対象に、とび施工、仮設施工、鉄筋施工、鉄骨施工、鋼製下地施工、ボード貼り施工を学び、且つ関連作業の資格を取得させ、安全作業、作業間調整を行い、他業種との連携ができる多能工として現場実務に携わる人材を育成する。

対象

初心者(実務経験0〜1年)が対象

日程

第1回 令和3年4月7日(水)〜5月29日(土)
★第1回は、定員に達したため募集を終了いたしました。

カリキュラム
科目 内容 時間
1安全衛生 @社会人の責任と義務 A挨拶と集団行動 B教育訓練全体の復習、まとめ等 20時限
2測  量 @概要 A水準測量 B多角測量 8時限
3仮設・鉄骨工事 @仮設概要 A労働安全衛生規則 B足場実習 C鉄骨建方 16時限
4鋼製下地・ボード @鋼製下地の材料 Aボードの種類と用途 B内装実習 48時限
5クロス・長尺シート @クロスの種類と施工法 Aクロス貼り実習 Bシート貼り実習 24時限
6鉄筋工事実習 @加工機の取扱い A運搬方法 B配筋実習 24時限
7安全衛生作業法 @小型移動式クレーン A玉掛け B低圧電気取扱 C自由研削砥石取扱 D携帯用丸のこ盤作業 E足場の組立て Fフルハーネス 96時限
8仮設工事 @数量拾い A枠組足場の組立・解体 B安全設備点検 40時限
合 計 276時限
訓練日数

※訓練日数:36日間
※訓練時限数:276時限
※参考訓練時間数:258時間35分

人員

10名

受講費用
【会員の場合】
教育訓練負担金 202,400円
宿泊代 175,010円
コロナ対策費 1,100円
修了資格

【技能講習】
・小型移動式クレーン運転技能講習
・玉掛け技能講習
【特別教育】
・低圧電気取扱特別教育
・自由研削砥石取扱特別教育
・足場の組立て
・フルハーネス
【安全教育】   
・携帯用丸のこ盤作業

詳しい資料はこちら(PDF)
このページのトップへ