富士教育訓練センター

建設産業の優秀な“人づくり”をサポートする全国規模の「広域的職業訓練施設」です。

ご不明な点・ご相談はお気軽にお電話ください!TEL:0544-52-0968

新着ニュース

2018/08/09

牧島かれん衆議院議員が視察

 8月7日、牧島かれん衆議院議員(自民党、神奈川17区)が富士教育訓練センターを訪れました。仮使用を開始している新しい本館・教室棟を含め施設全体を見学するとともに、教育訓練の現場も視察しました。当日は左官基礎コースや近隣三県建協による高校生の安全衛生教育、NPO法人J−ENEPによる子ども達の夏期体験合宿などの教育訓練が行われていて、訓練生は200名を超えていました。
視察する牧島議員(左から2人目)視察する牧島議員(左から2人目)


 牧島議員は、一般社団法人日本タイル煉瓦工事工業会の特別顧問を務め、技能の振興、技能者の地位向上に尽力していることから、今回当センターを視察することにしました。センターに到着し、訓練生とともに食堂で昼食を取った後、施設や訓練の様子を約2時間かけて視察しました。
 視察後、牧島議員は「見て覚えるだけの世界では技能が衰退していく」と教育訓練の重要性を指摘しました。さらに「いろいろなきっかけで(建設業の仕事を)始める人がいます。その決断を大事にしてあげることが大切です。」と述べ、特に新入社員のOFF-JT教育の重要性を強調しました。
 また、新入社員・熟練技能者から大学生、高校生までを教育していることを伝えると、「いろいろな研修生を受け入れてきた経験があるからこそ、さまざまな研修に対応できる」と当センターの教育訓練を評価しました。
 視察では、菅井文明専務理事、大平延行専任講師が案内を務めました。、日タ煉の増田隆信事務局長、文教大学の蜷カ和男教授らも同行しました。


このページのトップへ